澤口俊之の学者とは思えない面白さ

澤口俊之さんをご存じですか。テレビ番組で今一番有名な脳科学の学者さんと言えば澤口俊之さんですね。のほほんとしたキャラクターですが、時に難しい話を真剣にされる姿がとても感じが良くて、番組を見ていて楽しいです。ためになる話も多くて、目が離せない有名人の一人だと思いますよ。澤口俊之さんはどんな事をふだん研究されているのかは、あまり知られていないですよね。IQやHQを発達させることが子供に大切な事で、大きくなった将来頭がいいだけではなく、社会性を持てるようにする事が重要と考えられているようです。また、発達障害を持った子供たちに有効な教育を考えているのも澤口俊之さんです。本も複数出版されているようです。子供の学力と人間力を鍛える脳を育て方などの講演も行っているようです。脳を育てるにはどうしたら良いかを提唱しているようです。脳は、8歳までが勝負だそうですよ。家庭や幼稚園、保育園ので実践できるような、脳の育て方を教えてくれるそうです。おじいちゃん、おばあちゃん達が澤口俊之さんの話を聞いたら、子育てのあり方の変化に驚かれるかもしれませんね。子供へは将来子供が困らないような人間に育てようという大雑把な概念だったのを、直接脳に訴えかけるような学説を説明してくれるのですからね。いろいろ難しい話しですが、子供が大人になって困らない大人にする方法を現代風に具体的に示してくれているのですね。脳の研究が進んでいなかった時代でも親の思いはただしかった事と言えますね。