トンデモ澤口俊之??

世の中にはトンデモな事がたくさんありますね。特に情報が溢れるようになった今、トンデモは情報もたくさんあると思います。脳科学評論家としてテレビ番組に出ている澤口俊之さんもちょっと、トンデモ?な意見が多いように思いますね。学説で証明されたとか確実な事を話されているようですが、それを具体例にあてはめると少しずれた印象を持ってしまうのも正直なところ。でもテレビの影響はとっても大きいし、澤口俊之さん自体がとても影響力の強い人なのかもしれませんね。ほんとうかどうかは分かりませんが、北海道大学を退職した理由は、女性職員へのセクハラが原因とか・・。セクハラの事実が本当なのか嘘なのかがわかりませんが、そんな問題があったようです。セクハラにあった人には本当に気の毒に思います。事実ならばトンデモな教授ですよね。ただ、虚偽を働いて人を陥れる人は世の中にたくさんいます。それこそトンデモな事です。競争主義の現場では良くあることのようですので少ない情報だけで判断するのは残念なことかもしれないので止めましょう。トンデモは問題こそ表にはなかなか出てきませんが・・。澤口俊之さんの発言もトンデモと思えますが、逆に不器用な人ともとれますよね。注目の的になってしまって、HQ論や教育方法に熱心な部分の印象が残念ながら薄くなっているのかも。子育ての興味はママ達の注目の的になります。出版されている本がそういったものが多いので、色々な世代から注目されているのですね。