澤口俊之著書の?!

澤口俊之さんは、毎週水曜日のフジテレビで脳科学評論家として大人気ですね。世間の疑問や噂などを独自の視点で解決数方法や分析されていた事をその口調や対応がとても面白くて毎週欠かさず見ている人も多いと思いますね。テレビも「ホンマでっかTV」だけではなく、過去にも番組に出演されていたようですよ。特に注目されたのが「ほんまでっかTV」かもしれません。澤口俊之さんは北海道大学で教授をされていた経験のある立派なかただったんですね。現在は自ら立ち上げた会社、株式会社人間性脳科学研究所で所長を務められているそうです。また、脳科学に関連した著書をたくさん出版されています。どの題名も興味を引くような印象のものばかりです。「学力と社会力を伸ばす脳教育」、「脳教育2.0」、「なぜいい女はパッとしない男に惚れるのか?」、「HQ論:人間性の脳科学」、「平然と車内で化粧する脳」、「わがままな脳」、「幼児教育と脳」、「私は脳のどこにいるのか」、「脳と心の進化論」、「知性の脳構造と進化―精神の生物学序説」などなど。澤口俊之さんが言っているIQとHQを育てる事な大切だと。「学力と社会力を伸ばす脳教育」まさにこの事を話されている本だと思いますので、興味のある方は読んでみると良く理解出来るかも。脳で社会力?と首をかしげる人も多いと思います。効果が一生続く脳教育法は8歳までが勝負なのだそうです。子供の脳教育の人気の裏には澤口俊之先生の著書があったんですね。テレビの中ではなかなか子育ての脳の話しがでてきませんね。でも、本業はこちらだったようです。澤口俊之先生の本は私たち一般人にも分かりやすし、高評価だと思いますよ。