子供の脳教育。IQとHQ!澤口俊之が提唱

小学校や中学校でIQを計った事がある人は多いと思います。どういった内容だったか定かではありませんが、理解して答える問題と言うより感覚でスピーディーに応えていくような問題だったように記憶しています。(○十年前の話なので・・・不確かです。笑)テレビでおなじみの脳科学評論家の澤口俊之さんは子どもの脳を育てるのに、IQとHQを育てる教育方法を提唱されていますね。そもそも知能は、学習によって記憶した事ではなくて、勉強するときの土台となる知的な能力のことですね。学習とは、今までに知らなかった初めての事を脳に記憶させることですよね。人は学習する為に図形を使ったり言葉や計算などの問題を解いていきます。その問題を解決する能力の土台が知能と言う事になりますね。でもその分野はまだまだ未解決だそうです。あらゆる心理学者がさまざまな定義を提唱されているそうです。IQテストも、受ける時の状況によって誤差が生まれるそうです。緊張してしまったり、体調が優れない人も受験者にはいるでしょう。問題を初めて見る人よりは、事前に同じような問題を見た人の方が良い点を取れる場合もありますよね。IQテストは、学習とは違いますから、以前に同じような問題などを練習しても、IQを計れるような問題を用意しているそうですが、結果はどのようになるかはわかりませんね。澤口俊之さんが子供の脳を育てる教育方を提唱しています。脳に大切なのがIQとHQと言っています。