澤口俊之が教える幼児しつけの基本

子供のしつけはママ達の悩みの種とも言えますね。なぜなら、ママのしつけに100%正しいと判断してくれる人がいないからです。どのこのママも私のしつけは間違っていないかと考えた事があると思います。そういった背景もあり、子供の教育やしつけについて適切な知識をもって説明してくれているのが澤口俊之さんだと思いますね。フジテレビの「ホンマでっか?TV」のメインともいえる脳科学評論家ですね。澤口俊之さんが大切だと言っているのが、心の脳である右脳の力を育て人への愛や優しさ、思いやりといった温かい心を育てましょうとおっしゃってます。人として大切部分をそだてるのが大切だそうです。当たり前のようですが、人間の汚さ、ずるさ、冷たさを感じている大人は多いと思います。逆に、人にやさしくしようとするから、ダメな人間が生まれると思っているような冷たい行動をする人が社内に一人や二人はいませんか?つねに競争社会の中に身を置く人間にとって優しさは帰って邪魔と考える人も多いと思います。これも社会の一つと言えばそうなのかもしれませんね。実際問題として大人になってから社会で基本的な社会ルールや、対人関係を築けるように育てるのが大切なんだそうです。幼少期に子供にさせるべき事があるそうです。学級崩壊の問題は今でも続いていますね。こういった子供に一連のルールを教えないと小学校などの小さな社会でさえ、失敗しかねないと言えるのかもしれませんね。