外国語学習を継続することの難しさ

日本で外国語学習をするにあたり、意欲を保ち続けるのは難しい。
映画は二時間見てれば勝手に終わるし、どんなに興味のない本だって二週間もあれば大抵は読める。でも英単語も英文法もそんなに短期間には終わらない。
いざ、目の前に英語の参考書を積み上げてみても、一か月続けば良い方で、ある程度すれば飽きてしまう。
今度こそはと思い立って、お気に入りの映画のDVDの英語字幕をパソコンで書き写して暗記してやろうという試みを今年から始めている。
今までに何度も見てきた映画だから大体のセリフは頭に入っているし、何より自分が一番好きな映画の主人公の言葉なのだからきっと直ぐに覚えられる筈であるという計算だ。
今年の2月頃から始めて、既に8カ月は経っていることだろう。実は始めて2週間目には飽きていた。
最初の頃は朝起きた時や、夜寝る前等に、コツコツと英語字幕を見てリスニングと発音をしながら(ついでにブラインドタッチの練習もしながら)英語を書きとっていたのだが、同じ映画をずっと見ているとどんなに好きでも流石に飽きてしまう。毎日だったのが、二週間に一度に成り、次第に忘れ去られ現在に至る。書きかけの文章はここ2カ月間変化がない。
ただ覚えるのとは違い、目に見える形で文字は残るから少なくともある程度の満足感はある。これはなんだか最初の頃と目的が変わってきているような気がしないでもないが、それでも何とか今年中には仕上げてしまいたいものである。